裏声日記

ナレーター・下間都代子のひとりごと。

カレンダー&新着5件 ♦記事リスト

前月 2017年12月 翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2017/12/17(日)23:43
ご縁のハシゴ(Re:0)
2017/12/16(土)23:29
欲望のまま(Re:0)
2017/12/15(金)23:07
シリーズの終了(Re:0)
2017/12/14(木)23:59
反省しろよ!(Re:0)
2017/12/13(水)23:22
楽しいオマケ(Re:0)

重箱の隅を

Category:プライベート | Posted:2017/10/25(水) 23:57

上達の過程においてやらねばならないこと。

それは重箱の隅を楊枝でほじくるようなことをするってこと。

ほぼ良い。
でも完ぺきではない。
荒さがしをして、ほじくる。

100点のときは100点と言わねばならないが
それで終わり。
満足してしまったら駄目だから。

とは言うものの
最近のわたしは自分にかなり甘い。

活舌やイントネーション、アクセントがちょっとおかしいからって
それをとやかく言われると
なんだかな~と思う。

味やん。

あれ?違う?

特にイントネーションというのは面白いもので
関東圏の人でも文章とかニュアンスによっては
イントネーションがおかしくなることがあり、それはごく自然なのだ。

でも、わかってもらえない。

「あ、お父さんからの電話」

着信表示を見て娘が言う。
普通なら「電話」は平板。
でも、電話がかかってきた喜びを表現する娘は
「電話」を頭高で言う。

ことがある。

これは以前にCMで実際に放送されていたもので
ニュアンスが自然なのでそのまま採用されたのだと思った。

大阪でそれをやったら

「なまってます」

で終わりだろうなあ。

ちょっとばかしアクセントが曖昧になったとしても
言いたいことのニュアンスが伝わってたらそれでええやんか。

しかしながら、指導する立場とのときはそうもいかない。
基礎を学ぶ段階の相手のときにはなおさら。

重箱の隅。

この前も書いたが
自分のことは棚上げ方式なのである。

さて
遅い晩御飯を家で食べて一息ついた。

なんだかやけに甘いものが食べたい。
疲れてる(-_-;)

我が家にはつまみはあっても甘いものは常備していない。
そこで

おもむろに調理。

そろそろ古い味がしてきたので回収したうっかりbarのナッツ。
これをキャラメリゼにしてみよう。

こういうときは腰が軽い。

ナッツのキャラメリゼ


古さが消えた(笑)

でも、美味しくて食べ過ぎてしまったのか
その後、トイレに駆け込むことになる。

子供か。わたしは!!!

前の記事へ   |   記事リスト   |   次の記事へ
投稿者 削除PASS
認証 左に表示されている数字を下に入力してください。
読みにくい場合は【画像リロード
  • Clip to Evernote